臨床データ

ナステント™クラシックの
治療効果を検証しています

医学論文誌である“Journal of Sleep Disorders & Therapy”に掲載されました。
掲載論文はこちらからダウンロードして下さい。

血中酸素飽和度による呼吸改善効果

パルスオキシメーターを用いて計測した、睡眠時無呼吸症候群患者の方(使用者A)の睡眠中の血中酸素飽和度は頻繁に下がり、
90%を割り込むことが何度も発生しています。

使用者A (ナステント™なし)

この使用者Aがナステント™を装用することによって、グラフがフラットになり、血中の酸素濃度が安定しました。

使用者A (ナステント™あり)

健常者の睡眠中の血中酸素飽和度と比較しても、ナステント™装用後は、大幅に安定していることがわかります。

使用者A (ナステント™あり)

睡眠時の無呼吸回数の変化

監修: 筑波大学 国際統合睡眠医科学研究機構 教授  佐藤誠先生
グラフは一人の睡眠時無呼吸症候群患者が約1年間にわたり、ナステント™ クラシックを使用し続けた時のAHI(1時間あたり無呼吸と低呼吸の発生指数)を示しています。

AHIは簡易測定器で測定されており、ナステント™ クラシックを装用した場合と、装用しなかった場合をそれぞれ測定しています。

いずれの測定においても、ナステント™ クラシックを装用することでAHIの低下がみられました。長期間の使用においてもナステント™を使用することにより、AHIが低下し、睡眠中の呼吸が改善していることがうかがえます。

ナステント™の睡眠時無呼吸症候群に対する効果(監修: 筑波大学 国際統合睡眠医科学研究機構 教授  佐藤誠先生)
nastent classic ご購入・お問い合わせ
nastent classic ご購入・お問い合わせ

一般医療機器届出番号 13B2X10245000001

0120-480-740 0120-480-740

※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。

※ご使用にあたっては医師にご相談ください。

  1. ナステント™トップ
  2. 臨床データ
backTop